So-net無料ブログ作成
検索選択

ソウル散策(南山谷韓屋村) [Travel]

P1020620.JPG
午後便で帰国、ということになると、午前中に何かもうひとつ観て帰りたい!
と思ってしまう、典型的貧乏性日本人観光客です。
そんな時、明洞から歩いていける「南山谷韓屋村」はうってつけではないでしょうか。

P1020572.JPG
ここも伝統家屋がある村ですが、北村韓屋村が上流階級の邸宅だったのに対し
こちらは平民の邸宅が中心だそうです。

P1020603.JPG
そういう説明を読んだからか、なんとなく親しみやすい感じが
建物からも伝わってくるようです。

P1020610.JPG
こちらは台所、昔の日本の土間とあまり変わらないように思います。
懐かしい、と思ってしまうのは、それなりの年齢以上でしょうか。

P1020608.JPG
こちらはオンドル、いわゆる床暖房システムのようです。
かなり古くからこの方式を使っていたようで、ソウルの冬の寒さを
垣間見たようでした。

P1020618.JPG
子供達の遊びでしょうか。少し離れたところからこの中に矢を3本投げます。
やってみてビックリ・・・とても入るものではありません。
童心にかえって、みなさん楽しんでいました。

このような昔の街並みや生活を楽しむだけでなく、ここにはもうひとつ
素晴らしいものがありました。

P1020590.JPG
一番奥のほうに、なにやらあやしげな石のつくりが・・・

P1020594.JPG
中に入ると巨大な円形のものが・・・これはタイムカプセルだそうです。
ソウル帝都600年を記念して、ソウルや市民の生活を表すもの600点を
カプセルに入れて埋めたそうで、開封予定はソウル帝都1000年になる
2394年11月29日だそうです。
残念ながら、その日に立ち会うことは出来そうにありませんが、
こうして文化を大切に伝えていこうとする、ソウルの人々の気持ちに
感動しました。
nice!(18)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 18

コメント 7

amane

タイムカプセルに入れた方々の遠い親族の方は
語り継がれていくのでしょうね
なんだか壮大なスケールで
夢というかロマンがありますね!
by amane (2011-12-12 23:09) 

toshi

韓屋村、1987年に、はじめてソウルに行った時
韓国民族村というのを見学しましたが
もしかすると、同じ場所かもしれません。懐かしいです。
by toshi (2011-12-13 20:36) 

kawasemi

nice&コメントありがとうございました。
すぐ寝つける人がうらやましいです。
なかなか寝付けないときは落語を聞きながら寝ます。
今夜は、山の会の納会です。

タイムカブセルを開けるときには、世の中どうなっているのでしょうか。
by kawasemi (2011-12-16 09:34) 

kakasisannpo

2394年ですか。遥かな未来ですね。
壮大な時の流れ


by kakasisannpo (2011-12-16 13:31) 

pegasas

本当に私も懐かしく拝見いたしました。
日本と感じが似ていて、庶民の生活が
垣間見えるようですね。タイムカプセルも
未来の人への伝言ですが、ひどい世の中
になっていなければ良いのですが・・ね。
by pegasas (2011-12-17 16:05) 

moz

すごいタイムカプセルなんですね。開ける時の韓国は、わが国はどんなになっているのでしょう・・・。
ドラエモーン、タイムマシンでーー、何て感じで見てみたいですね(笑)
屋根にすごく特徴があるような気がします。
平民の家も立派ですね。
by moz (2011-12-18 13:20) 

tomoe

皆様、いつもご訪問とあたたかいコメントをありがとうございます。
お返事が遅くなりまして申し訳ありませんでした。
こんなにマイペースなブログを、いつも気にかけていただいて
本当に感謝です。ありがとうございました。

by tomoe (2011-12-29 10:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。