So-net無料ブログ作成

スケッチ刺繍(秋色) [Mama's page]

P1000384.JPG

去年の暑い夏の長さに比べて、首を長くして待っていた秋は、
あっさりと過ぎていってしまいました。

短かった秋ですが、いくつかのチャンスにめぐまれて、
すばらしい秋の色に出会えました。
足元の草もきれいに紅葉し、上からおちてくるもみじに負けてはいません。
四季折々の日本の色をあじわえる私たちは幸せです。

今月の朝日新聞の「天気図」というコーナーに
こんな言葉がのっていました。

  「ハタからみればどうでもいいことでボクらの日常は出来上がっている」
  けれど「どうでもいいからと粗末にするのではなく、大切に扱っている
  心が自分の日常を豊かにする」と、

70歳を過ぎた日々の暮らしの中では、どうでもいいと思うことが
多くなってきました。
「自分の日常は、自分の心で豊かにするもの」
と、反省!です。
                                          ~~~ By okko ~~~

ビールと料理を楽しみたい(その6 伊豆高原ビール) [Beer]

P1000402.JPG
伊豆方面へドライブに行って買ってきた、伊豆高原ビール。
いつもの発泡酒とはお値段が違うので、冷蔵庫の中で温存(?)しがちですが
それでは味も落ちてしまいますので、思い切ってあけることにしました。

P1000399.JPG
どうせなら、4本一気にあけて飲み比べしましょうか。
左から黒(今までの黒とは違う黒ビール)、天城(天城山系水仕込み、爽やかな香りの
ビールがうまい)、大室(ああ、この一杯のためにいきているんだなぁ)、一番右の
季節限定はこの時はペールエールでした。
カッコ内の文字はそのまんまラベルに書かれている文字で、ラベルもとても個性的です。
今回特にお気に入りは、麦のローストを少し強めにしたキャラメルモルトを使った
天城でした。ではさっそく・・・

地ビール協会公式試飲グラスで、真冬の鎌倉ビアパーティです。
そうなると本日のお料理は
P1000392.JPG
伊豆はオレンジなどの果物が有名ですので、ゴールド系のビールにあわせた
「グレープフルーツと生ハムのサラダ」です。
お好みの野菜に、皮をむいたグレープフルーツと生ハムをのせ、オリーブオイルと
塩・こしょうでお好みの味付けを。
生ハムに塩気があるので、塩は少なめ、こしょうを多めにしてみました。

P1000396.JPG
二品目は、伊豆の海の幸といえば、なんといっても金目鯛(イセエビとかはいわないで
ください、予算的にムリです)
寒いので最近はやりのタジン鍋を使って、蒸し鍋風にしてみました。
白菜やエノキなどお好みの野菜に軽く塩をして、金目鯛をのせ、上に生姜をのせ
お酒をかけ、じっくり弱火にかけるだけです。
出来上がったら、ポン酢をかけてあっさりどうぞ。

P1000404.JPG
色が濃いめのビールには「自家製黒糖パン、ニューサマーオレンジジャム添え」
これも伊豆特産のニューサマーオレンジを使ったジャムですが、とても甘さが控えめなので
コクのあるビールに負けないよう、パンは黒糖パンにしてみました。
買ってきた高級パンではできませんが、ホームベーカリーが勝手に焼いてくれる
自家製パンは、惜しげもなく焼きたてを手で割って食べるのが、我が家流です。

この冬関東地方は、異常乾燥注意報発令中で喉が渇きます。
あったかいお料理に美味しいビールはいかがでしょうか?

nice!(20)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

帰ってきた恵比寿様 [Others]

P1000412.JPG

毎年初詣は、群馬にある水澤観音にいって、小さいお守り付きの200円のおみくじを
ひくのを楽しみにしていますが、今年はなんと大吉、でもそのことよりも嬉しかったのが
入っていたお守りが、恵比寿様だったこと・・・

いつもブログを読んでくださっている方は、ご存知かも知れませんが、
昨年の夏、パリ旅行でお財布をすられるという経験をしました。
その時、もちろんとられたお金も悔しかったのですが、お財布の中に
数年前におみくじでひいた、恵比寿様と、大黒様が入っていて
それも同時に失ってしまったことが、心残りでした。
パリのスリは現金だけを抜きさって、あとはポイっとその辺に捨てたことでしょう。
恵比寿様と大黒様は慣れない外国の空の下、今頃どうしていることやらと。
それから半年間、私のお財布には神様不在が続き、
年が明けて引いたおみくじの中に恵比寿様が・・・
「おかえりなさい恵比寿様」
と、思わず声をかけ、大事にお財布に入れました。
今年は絶対良い年にしなければ、そして来年のおみくじはなにがなんでも
大黒様をひかなければ、と心に誓った次第です。

nice!(27)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

鎌倉B級グルメめぐり [Kamakura]

遅ればせながら、あけましておめでとうございます。
本年もまたよろしくお願いいたします。

年末年始は、鎌倉へ遊びに来られた方もいらっしゃるかと思いますが、
鎌倉は観光地なので、お値段が高い、そのくせたいして美味しくないとか
思ってはいませんでしょうか。
安くて美味しいお店、たくさんありますので、ご存知の方も多いかと思いますが
ご紹介させていただきます。
B級はあくまでもお値段のこと、お味はA級ですから、どうぞご安心ください。

最近お気に入りで、スタンプカードもつくっちゃったりしている
「里のうどん」さんは、鶴岡八幡宮に向かって左の道を、北鎌倉方面へ行くと
すぐに看板が見えるので、大変わかりやすいお店です。
P1000347.JPG
里のうどんという店名ですから、もちろんうどんが大変美味しいお店ですが、
もうひとつの看板メニューが、豚バラ丼もしくはバラ塩焼きでして
これはバラ塩焼きのセットメニューです。
うどんは、たぬきかきつねか選べますし、豚バラ丼にするとこんな感じ。
P1000349.JPG
どちらもお皿からはみ出さんばかりのキャベツがのっていて、
お野菜もたくさん取れるので、女性にもうれしいです。
おまけに杏仁豆腐もつくセットがあり、これで確か1050円ほど。
P1000350.JPG
杏仁豆腐もとっても美味しいので、ぜひ召し上がってみてください。
ここは夜もおすすめでして、お出汁のきいた美味しいおでんが全品60円、
コンビニよりおやすいですね。


2番手は鎌倉駅の西口、紀伊国屋の前の通りを少し北へ向かった右手側にある
「居食屋 灯り」さん。
P1000357.JPG
ランチセットはどれも1000円で、これはイワシの南蛮漬けです。
他には豆腐ハンバーグやカキフライ、アジの梅シソフライなど魅力的なメニューが
たくさんあり、いつも迷ってなかなか決められません。
P1000359.JPG
食後には素敵なカップでコーヒーもつきますから、お客さんの大半が女性です。
でもとてもボリュームがありますので、男性でも充分満足できることうけあいです。


3番手は以前もご紹介しましたが、小町通りの横道にちょっと入ったところにある
「キャラウェイ」さん。
P3280148.JPG
チーズカレーのお子様セット版(小ライスにデザートがつきます)で730円。
ここはなんといっても、お値段とボリューム、そしてお家カレー的な安心感もありつつ
やっぱりコクが違う感じが好きです。
ぜひ、自家製梅酒と一緒にどうぞ。


4番手はカレー続きで、由比ガ浜大通りを長谷方面に向かって左手側にある
「Woof curry(ウーフカレー)」さん。
P4110081.JPG
お店の構えは、シンプルでお洒落、とてもカレーやさんにはみえませんが
れっきとしたカレー専門店です。
P4110084.JPG
こちらは900円のきのこカレー
P4110085.JPG
こちらは1100円のスペシャルカレー。
具の生かし方がやはりプロのカレーという感じがします。
さらにありがたいのはビールがジャーマンピルスナーの代表格JEVER(イェーバー)を
おいていること。
苦味がとても強いビールですが、辛口のカレーにすっきりとあいます。

最後はちょっと足を伸ばして江ノ島へ。
江ノ島を登って、灯台をすぎてからの「魚見亭」さんで、その名も「江ノ島ラーメン」を。
P1030098.JPG
さざえ、海草、ワカメがのった海の香り満載のラーメンで、890円なり。
あっさりとしているのでボリューム感はさほど感じませんから
江ノ島散策で小腹がすいたら、おやつ感覚でいけそうです。

まだまだ美味しいものが、たくさんありそうですが、
今回はこの辺で、また食べに、いえ写真を撮りにいってまいります。

nice!(26)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。