So-net無料ブログ作成
検索選択

ご当地カレーを楽しむ3 [Others]

季節柄、仕事が多忙を極め、すっかりご無沙汰しておりました。
ご訪問、コメントもいただいておりましたのに、大変失礼いたしました。
しばらくはいつも以上にマイペースな更新となりますが、またよろしくお願いいたします。
     ☆   ☆   ☆
ということで元気ですから、ご心配なく!
     ☆   ☆   ☆
夕食の手抜きを披露するようで、気が引けますが相変わらずご当地カレーを
食べ続けておりました。
今回のトップバッターは、北海道「熟成三十年カリー」です。
P1000712.JPG
見るからにゴージャス感が漂う感じの箱に、期待が高まります。
YOSHIMIシェフが30年かけてたどり着いた、理想のカレーだそうです。

P1000714.JPG
ルーはたっぷり、2食入り。
お味はというと、まず香りはハヤシライスのような感じで、ツンとくる香りはなく、
食べると野菜のうまみが効いている、そして後味がピリリと案外スパイシー、
そんなカレーでした。

お次は、群馬の「赤城牛ビーフカレー」。
P1000838.JPG
こちらはビーフのコク、ほどよい辛さ、柔らかい角切り肉が結構入っていて
大満足のカレーでした。

3番手は埼玉の「狭山生茶葉 たま軍鶏カレー」。
P1000834.JPG
このカレーは写真ではよくわからないと思いますが、茶葉が本当に入っていて
ちょっと薬草カレーのような感じです。
好みはわかれるところかもしれませんので、一度ご自身でお試しください。

4番手は、またまた群馬の「上州もち豚カレー」。
P1000897.JPG
缶詰ですが、お鍋にあけてあたためるだけで、すぐにいただけます。

P1000899.JPG
こちらもたっぷり2人前。
とろみのあるお母さんのカレーみたいで、ホッとする口当たりですが
なかなかどうしてスパイシーなカレーです。

そして、これはオススメ新潟「バスセンターのカレー」。
P1000927.JPG
これは新潟の万代シティバスセンターの立ち食い蕎麦屋さんの名物カレーだそうです。
まさにお蕎麦屋さんのカレーで、和風だしが効いている感じでとてもまろやか、
そして具沢山、うどんにかけても良かったかな・・・と思いました。

最後は、今回も番外編ということで
P1000921.JPG
マルチャンですが北海道限定だそうで、「やきそば弁当」。
P1000925.JPG
一見普通のインスタントの焼きそばですが、麺はもっちり感がややあって、
味付けもなかなか、そして何よりも湯切りのお湯をいれてスープにしてください
というスープの素がついているのが特徴で、このスープ、かなりいけると思います。

今年は太平洋高気圧の動きが微妙で、雨が続いたりしていますが、
これからが夏本番のようですから、美味しいカレーを食べて
夏を元気にのりきりましょう!
nice!(14)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

スケッチ刺繍(木、ひかって) [Mama's page]

DSCF3434.JPG

加山又造の”凍る日輪”という作品の、ポストカードから模写(?)した木です。
原画は見てないのですが、形や色に魅せられてしまいました。

いうまでもないのですが、模写ってむずかしいんですね。
時々美術館内で、立ったまま模写をしている人を見かけます。
のぞいてみたいのですが、それはいけませんよね。
それで、ちょっとはなれた所から少しの時間、その姿を見て、
なんとなくそれで満足して、その場から離れるようにしています。

                                       ~~~ By okko ~~~
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。