So-net無料ブログ作成

大山に登る! [Travel]

以前、ケーブルカーとロープウェイを使っただけなのに「谷川岳に登る」という
タイトルでブログを書きましたが、今回は正真正銘、自分の足で神奈川県
西部にある大山に登ってまいりました。

P1030084.JPG
第二駐車場からすぐに、大山阿夫利神社の参道がはじまります。
左側を行くと静かな川沿い、右の階段を進むとお店がずっと続いていますので
お好みでどうぞ。
いずれにしても、突き当たりはケーブルカー乗り場になります。

P1030092.JPG
ここでひとつ選択にせまられます。
 その1 ケーブルカーに乗って中腹の阿夫利神社まで行き、その後徒歩で
     山頂を目指す。
 その2 ケーブルカーに乗らず中腹の阿夫利神社まで登り、その後下山する。
 その3 最初から最後まで、自分の足で歩く。
この日はどうしても山頂まで登りたい、という強い希望から1番を選択しました。

P1030213.JPG
ケーブルカーを降りると、そこは大山のほぼ中腹なのですが
海まで見渡せる景色を堪能できます。
そしてその先に進むと

P1030104.JPG
さすがに名の知れた、という感じの阿夫利神社の本殿があります。
ここで登山の無事を祈願し、本殿左側から登山道へと進みました。

P1030124.JPG
登山道は、ずっとこんな感じ・・・
大きな石がごろごろしている、なかなかの急斜面が延々と続きます。
すぐに後悔し始めましたが、引き返すのも悔しくてひたすら1時間半
登り続けました。
皆様には引き返す勇気をおすすめします。

P1030118.JPG
それでも頑張り続ければ、ご褒美はこの景色。
次第に天候が悪くなってしまいましたが、雲にかすむ山並みは
本当に美しいものでした。

P1030128.JPG
そしてついに山頂に到着です。正直、山頂にある奥社は少々風情に欠ける感じで
それはちょっぴり残念ではありましたが、それよりも達成感で胸がいっぱいになりました。
その後はまた同じ時間をかけて、慎重に下山です。
参道まで戻ったら、「かんき楼」さんで遅めの昼食を。

P1030221.JPG
豆腐懐石に

P1030223.JPG
しし鍋のセット。
身も心もあったまって、その後は日帰り入浴で疲れた足をもみほぐしましょうか。
本当にしんどかったけど、なぜか病み付きになる、大山はそんなところです。

nice!(18)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

地ビールレストラン巡り(富士桜高原ビール) [Beer]

山梨県川口湖畔から少し南に下ったところにある、富士桜高原ビールさんの
直営レストラン、「シルバンズ」へ念願かなって行ってまいりました。
湖畔のホテルからタクシーに乗り、行く先を告げると
「あそこは美味しいよ~ホテルとかだと大体食事のパターンが決まっちゃう
じゃない、それよりも好きなメニュー選んだほうがいいよ~ビールも
うまいしね~」
と、いやがうえにも期待が高まる言葉を聞きつつ、大雨の中、到着です。

P1020829.JPG
という事情から、レストラン正面からの写真を撮る余裕もなく、
いきなり一杯目のピルスからはじまりです。
富士桜高原ビールさんはドイツビール系なので、ジャーマンピルスナーです。
苦味が利いてすっきりさわやかは、温泉の後にピッタリです。

P1020830.JPG
そしてジャーマンピルスナーには手作りのソーセージ・・・という
少々芸がなかったかもしれませんが、鉄板の組み合わせをいただきました。

P1020832.JPG
そして2杯目は、愛してやまないヴァイツェンビール。
こちらは世界一をとったこともある、富士桜高原ビールの看板商品です。
小麦を使ったフルーティな香りと、クリーミィーな泡立ちが素晴らしい一杯を
P1020831.JPG
季節の肉料理とともに。

P1020835.JPG
3杯目は、ラオホという珍しい香りがスモーキィーなビールを。
最初に飲んだときは驚くかもしれませんが、香りに特徴があっても味にそれほど
クセはありませんので、機会があったら挑戦してみてください。

P1020839.JPG
コクのあるビールにはコクのあるお料理を・・・ということで
甲州名物、B1グランプリもとった鶏のモツ煮をチクチクつまみながら味わいました。

P1020842.JPG
そして、デザートも充実しています。
凍らせたフルーツがたっぷり入って、少し周りのお砂糖をつけながら
いただくのはビタミンCの効果だけでなく、心から疲れがとれるようです。

高い天井に広々としたフロアは、まるでドイツのビアホールを思わせるようですし
サービスの方もとてもステキで心からくつろげる、そんな場所です。
また一年間、頑張って働いて、自分へのご褒美に訪れたい、そんなお店でした。

nice!(18)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

鎌倉路地裏グルメ(PePe) [Kamakura]

P1030157.JPG
年末年始に鎌倉を楽しまれた方は、たくさんいらっしゃったのでは
ないでしょうか。
お寺めぐりをして、今年一年のお願いをし、おみくじをひいて、さて
美味しいものでも・・・となりますが、さすがにこの時期鎌倉のお店は
どこもいっぱいで、大変な思いをされた方も少なくないのでは。
ということで、今さら遅いよ~といわれそうですが、路地裏のお洒落で
美味しいお店をご紹介します。

こちらは御成り通り(通称裏駅)の出口に近いところを右に曲がり、
しばらく行った右側にある、PePeさんです。
シェフはもとグアムヒルトンの料理長だそうで、従ってジャンルは
ポリネシアン系という感じでしょうか。

P1030153.JPG
香ばしく焼いたご飯の上に、トルティーヤの皮で作ったお皿がのり
その中にはシーフード、上にはたっぷりの鎌倉野菜、という贅沢な一品です。
どうしてもこの層と高さをお見せしたくて、バランスの悪い写真に
なってしまいました。

P1030154.JPG
こちらはスペシャルカレーで、なんと500円!

2種類のカレーがかかって、どちらも味わい深く、大満足です。
ちなみにそれ以外のメニューは1000円前後です。

お店はとても清潔感があって、サービスの方は親切、丁寧、
シェフはお料理に興味がある人だと、惜しげもなくレシピを教えてくれます。
夜は夜で2階にステキなバーカウンターがあり・・・
という教えたくない隠れ家で、観光後まったりといかがでしょうか?

nice!(21)  コメント(9)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。