So-net無料ブログ作成

週末は自転車で葉山! [Travel]

P1030490.JPG
まさかこんなものを買うとは・・・と、最近自分でも驚いたのがクロスバイク。
いわゆるママチャリとは、異なる乗り物のようで、多少の坂道も楽々登るし
軽くこいでいるだけなのに、スピードもものすごく、慣れるまでははっきり言って
こわかった愛車で、週末葉山に通い始めました。

P1030457.JPG
本日の目的地は、初回なので近めに鎌倉近代美術館葉山別館です。
この日は展示は特にありませんでしたが、建物を抜けて庭に出れば
海が一望できるので、休憩にはちょうど良い感じです。

P1030460.JPG
庭から降りていく、きれいな散歩道が続いていて、

P1030461.JPG
降りきれば目の前は広大な海。
右手側は葉山マリーナ方面、左手側は遠く城ヶ島方面がかすんで
美術館の中ということもあり、訪れる人も少ないため、海を独占する気分です。

P1030464.JPG
帰りがけには、中庭のオブジェも拝見して。

その後は少し戻って葉山マリーナのすぐ横にある、葉山港湾食堂さんで
ランチをいただきました。
P1030465.JPG
ここは葉山マリーナに向かって右側の小道にあるレストランで、1階が駐車場、
レストランは2階ですから、景色がとてもよく、おまけにテーブルには
望遠鏡もおいてあるので、お料理が出てくるまで飽きずに楽しく過ごせます。

P1030467.JPG
そして、こちらが港湾食堂定食1280円。
海苔とシラスがたっぷり乗ったご飯に、お刺身、揚げ物は選べて今日はカキフライに
しました。
豪華ランチに大満足で、週末葉山サイクリングは当分やめられそうにありません。

nice!(26)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

春ニラの季節 [Cooking]

P1030481.JPG
遅かった今年の春もようやく桜が満開になり、日差しもあたたかくなってきました。
そうなると、嬉しいのが庭先に毎年生えてくるニラです。
ニラは根元でちぎってほっておくと、また伸びてくるので何度でも食べられますが
やはり春一番のニラは柔らかく優しい味わいで、香りもきつくないですから
なんにでも利用できます。
ということで、今日はニラづくしと参りましょうか。

P1030483.JPG
レシピ、なんていえない、さっと茹でて鰹節をかけただけの「ニラのおひたし」。

P1030485.JPG
もやしもさっと茹でて、ごま油、塩、お好みでおろしニンニク少々であえた
「春ニラともやしのナムル」。

P1030487.JPG
この時期のニラは香りも優しいから、お味噌汁だっていけます。

P1030511.JPG
これも春の風情、シラスを使って「春ニラとシラスのパスタ」。
味付けはバター醤油でいかがでしょうか?
お庭の春をタダでたっぷりいただいて、本日もご馳走様でした。

nice!(14)  コメント(5)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

1day trip(高崎・達磨寺) [Travel]

群馬は第二の故郷といって、群馬を遊び歩いているつもりでしたが
なぜか行ったことがなかった、高崎の少林山・達磨寺へついに行って参りました。

P1030317.JPG
高崎の達磨は全国的に有名ですが、そのはじまりというのは、
「昔、この近くの碓井川で大洪水の後、川の中に光るものがあったので
行ってみたら、香気ある古木が落ちていた、これを霊木としてお堂に納めたら、
その後、一了居士という行者が、この霊木で達磨大師の座禅像を彫刻して
お堂におまつりした」
というものだそうです。

P1030307.JPG
境内は大変広々として、裏山も散策コースになっており、たくさんの
植物を楽しむことができます。
この春は遅く、3月初めでは残念ながらあまり花は楽しめませんでしたが
もう少したつと素晴らしい眺めになりそうです。

P1030328.JPG
この上が鐘楼になっています。
横の駐車場から入れば、この階段は登らずにすみますので、ご安心ください。

P1030312.JPG
この鐘は、自由についていいそうですので、ぜひお試しください。
一度ついたら、20秒あけてもう一度ついてくださいとの説明があり、
その20秒というのが、鐘の音の余韻を楽しむのにちょうど良い長さに思います。
心がしーんとなって、まわりの空気と一体化し、鐘の音が身体にしみこんでくる
そんな素晴らしい体感でした。

P1030319.JPG
心洗われる思いをした後に、具体的な願い事・・・というのもなんですが
こちらは絵馬もとても可愛らしい達磨さんです。

P1030320.JPG
奥のほうには達磨堂があり、ここには大小様々な達磨さんが飾られています。
こんなにも種類があるのか、と驚くほどで、お気に入りの達磨さんが見つけられそうです。

P1030333.JPG
ゆっくり達磨寺を楽しんだ後は、富岡製糸工場で有名な富岡市へ。
残念ながら富岡製糸工場は改装中で半分幌がかぶっていましたので、
こちらはまた今度、ということにして目の前の「はや味」さんで
お昼をいただくことにしました。

P1030330.JPG
群馬名物、「おっきりこみ」。
こちらはきしめんよりももっと太く、少し歯ごたえもあるような麺で、お野菜がたっぷり
はいったおうどんです。お出汁は群馬特有の、関東ほどお醤油が強くなく、でも関西ほど
色が薄くない、という感じでどなたでも食べやすいのではないでしょうか。
まだまだ肌寒い群馬の春にはぴったりのお味を、ぜひお試しください。

nice!(19)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。